arch

f0274512_16311174.jpeg


spaccanapoli


Leica M10 75mm f1.4 summilux 2nd


トラックバックURL : https://funicolare.exblog.jp/tb/30057145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by swampydog at 2018-09-19 17:32
funicolareさん
こんにちは。
この細くて薄暗い通りを構成している何もかもに痺れます!
車に反射する光の描写がこのモノクロ写真の表情にとても効いていると思いました。
僕もここへ行ってこんな風に撮ってみたいです!
Commented by mahoroba-diary at 2018-09-19 19:25
funicolareさん、こんばんは。
素晴らしい陰影、、、スパッカナポリで、ライカを構えるfunicolareさんを想像しております。大好きな南イタリア、、、随分長いことご無沙汰していますが、funicolareさんのお写真で、なにも変わっていないのだ、、、とホッとしながら郷愁に近い想いで、眺めさせていただいております。
Commented by funicolare at 2018-09-20 00:17
swampydogさん、こんばんは。

そんなに褒められると照れてしまいますが、いつも思うのは
写真てつくづく被写体次第だなぁ、ということです。
素晴らしいシチュエーションさえあれば
あとはカメラがちゃんと仕事をしてくれますもんね!

Commented by funicolare at 2018-09-20 00:41
mahoroba-diaryさん、おはようございます。

イタリアの最も偉大な点は、歴史を重んじ変えてはいけないもの、
継続すべき文化や習慣を頑なに守り続けてきたことではないでしょうか。
イタリア、フランス、スペインならば、たとえば築地の移転は
ありえなかったと思います。
江戸時代から脈々と続く庶民の大切な文化と施設をあんなに安易に
壊してしまうのは、地方に住むぼくでさえ残念でなりません。
政治家たちの知見のなさと渦巻く利権が招く結果だとしたら
こんなにつまらないことはありません。

mahorobaさんやぼくのように少しでも海外とのふれあいがあれば、
変わらないことの素晴らしさに気づくはずなのですが!

スパッカナポリは、初めて訪れた46年前とちっとも変わらず
活気で満ちあふれています。
by funicolare | 2018-09-19 16:34 | Leica M10 | Trackback | Comments(4)