夏の宵

f0274512_18263490.jpg


malaga spain


Leica MM 50mm f1.4 summilux 3rd


トラックバックURL : https://funicolare.exblog.jp/tb/27997641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kieesan at 2017-07-24 19:05
こんばんわ!

背景の明かりの玉が幻想的ですね~
手前にかわいい花がありますが、レストランの中から撮影ですか?
Commented by funicolare at 2017-07-24 20:21
kieesanさん、こんばんは。
ご無沙汰していますが、お元気ですか?

エントランスがガラス張りのレストランで、これから食事という状況です。
飾ってある花がとても可愛かったので、構図に入れてみました。
Commented by imai209 at 2017-07-25 19:23
すばらしいです!
非球面50ズミのボケの具合についてはよく分かりませんが、この光のボケ具合はとてもしっくりきますね。
Commented by funicolare at 2017-07-25 23:17
imai209さん、こんばんは。

ありがとうございます。

後ろボケは使う状況で変わってくると思うのですが、
ぼくはピント面がべったりと人工的に張り付いたように感じる非球面よりも、
ボケる背景となめらかになじみ溶け込んでゆく球面の方が好みです。
非球面はいつも防湿庫の中に鎮座していて、つい手が伸びるのは球面です。

セイケさんのASPH評価はとても参考にはなるのですが、自分の好みも大切にしたいですね。
Commented by DP-M at 2017-07-25 23:44
こんばんは。
昨日セイケさんと歓談する機会に恵まれまして、丁度ズミルックスのASPHの話題になりました。
僕も最近使うようになったのですが、フィルムで撮ると今ひとつピンと来ません。
ライカレンズ独特の感じが出ませんし、かと言ってデジタル撮った時のようなキリッとシャープになる訳でもなく、要するに中途半端な感じです。(僕の腕のせいかも知れませんが、、)。
セイケさんも今度フィルムで試してみるよ、って仰っていましたので、もしかするといつかそのレポートが出るかも知れません。
Commented by funicolare at 2017-07-26 01:46
DP-Mさん、おはようございます。

セイケさんとのご歓談、それは良かったですね!

ズミルックスの非球面とCMOSのコンビは、
国産N社やC社とよく似た描写になるような感じを持っています。
ライカらしさが感じられない、ということかもしれません。

セイケさんのブログで気になっているのは、M10の色合いです。
ぼくがヨーロッパで10日間ほど借りて試写した際には、
もう少し華やかな発色だったような記憶があるのですが、
なかなか渋いので加工されているのかどうか知りたいところです。
Commented by imai209 at 2017-07-26 10:47
funicolareさん、 非球面50ズミルックスについては私は持っていないのですが、いくつかの作例を見ますと仰るとうりの印象がありまったく同感です。
球面ズミルックスのほうはまだ使い始めたばかりですが、CCD機(M8.2)で出てくる色味には魅了されており、しばらくはこれで十分楽しめそうです:)

Commented by funicolare at 2017-07-26 17:52
imai209さん、こんばんは。

やはり、そのように感じられますか。

ぼくは、ボディはM8、M9、MM。
完全にCCD派です。
レンズは球面好き。

これで一生遊ぶことに決めていたのですが、
セイケさんのM10の色合いが気になってしかたがありません。
Commented by DP-M at 2017-07-26 18:23
funicolareさんこんにちは。

セイケさん恐ろしく色に対する感度が高い人なんだろうなーって思いました。永嶋さんという写真家さん曰く、モノクロームの微妙な色合いの違いを一瞬で見抜くそうです。

恐らく、ですけど、M10 ならM10、M8ならM8が最高の色のパフォーマンスをたたき出す状況を何度も何度もテストしての結果ではないでしょうか?恐らくそんな気がします。

生意気言ってごめんなさい。
Commented by funicolare at 2017-07-27 15:35
DP-Mさん、こんにちは。

そうなんでしょうね。
当然DNGをしっかり加工されているのでしょうから、ぼくなんかには理解できない世界だと思います。

それでもあまり好きじゃなかった CMOS機 M10 でのあの色にはシビレています。
Commented by DP-M at 2017-07-27 16:47
あ、いえいえ、そういう意味ではなくて、むしろほとんど加工無しなんじゃないかなぁというのが僕の考えでした。

でもfunicolareさんのカラー写真の色も相当美しいと思いますが、そう思うのは僕だけでしょうか?

色だけの部分でM10の購入を考えられているのであれば、funicolareさんの場合、全く必要ないと思うのですが、、。
Commented by imai209 at 2017-07-27 18:19
funicolareさん、 そうですね セイケさんの作品にはいつもハッとさせられるところがあり、撮る人の眼力というか、カメラを持つ以前に勝負が決まっているというか、ちょっと違うかもしれませんが剣豪のような方なのですね。セイケさんのM10の作品は確かに色合いが渋く、私のCMOS機(X-Eですが…)の色ともやはり違うな~と感じています。



Commented by funicolare at 2017-07-28 00:05
DP-Mさん、おはようございます。

そう言われると嬉しいような恥ずかしいような、、、。
ありがとうございます。

セイケさんのデジタルは相当に作り込まれていると
勝手に思い込んでいました。

ていうか、そんなこんなあれこれを思いながら写真やカメラのことを
考えている時がとても楽しいんですけどね!
Commented by funicolare at 2017-07-28 00:12
imai209さん、おはようございます。

アマチュアっていうのは、憧れのプロと同じになれるわけもないのに
道具だけでも揃えたくなるものですね。

M10はそんなわけで購入を迷いますが、どうしたら良いのでしょう?
Commented by PHOTO-YARD at 2017-07-29 21:04
こんばんは。
素晴らしいお写真ばかりで、勉強させて頂いております。
特にこのお写真は好みです。
言葉にできない何かが写っています。
 
                 Shou       
Commented by funicolare at 2017-07-29 23:37
Shouさん、こんばんは。

ぼくの方こそ、Shouさんの写真が好きです。
ぼくの感性に訴えかけてくるなにかがあります。

あ互いに刺激しあえれば、こんなに嬉しいことはありません。

コメント、ありがとうございました。
by funicolare | 2017-07-24 18:28 | Leica Monochrom | Trackback | Comments(16)