leica pazza obiettivo feticismo 

白いドア

f0274512_09152433.jpeg


paris


Leica M9 90mm f2.2 thambar


トラックバックURL : http://funicolare.exblog.jp/tb/29244658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sarutv at 2018-01-12 11:31
さすが、このレンズの良い雰囲気がだされていいですね。
見ると欲しくなりそうだから、.............。
Commented by funicolare at 2018-01-12 12:08
saruyamaさん、こんにちは。

このレンズの優しい描写に癒されています。
新タンバールは高価ですが、古いのは気長に探せば
きっといい出会いがあるはずです。

コメント、ありがとうございました。
Commented by DP-M at 2018-01-13 09:21
おはようございます。
タンバールやはり良いですね、、。
冗談抜きでfunicolareさん日本でも有数のタンバール遣いなのではないでしょうか?
この写真はいくらか絞っていらっしゃいますか?それとも開放の描写なのでしょうか?
Commented by funicolare at 2018-01-13 12:59
DP-Mさん、こんにちは。
雪がひどいですね、身動きがとれません。

名手DP-Mさんに、そのように評価されると照れてしまいますが、ちょっとだけ説明を。

このレンズを使う場合、ぼくはほとんど絞りません、解放かまたは絞っても2.4まで、センターフィルターは常にセット。
3.2からはセンターフィルターをはずすべきとの指示がありますし、ぼくはソフトな描写をたのしみたいと考えますから、絞ることはナンセンスと感じます。

尊敬するセイケさんは、時たまフィルターをはずされているんじゃないかと思いますし、ぼくよりも少し絞られているような描写に見えます。
ぼくとなんか比較しようもありませんが、あとは使い手の好みだと思います。
Commented by DP-M at 2018-01-13 19:07
こんばんは。雪酷いです。掻いたそばから積もってきます。

タンバールの解説ありがとうございます。funicolareさんライカから復刻のアナウンスが始まるかなり以前からタンバールで撮って作品アップされてました。まさにストライクでしたね。

僕にとってタンバールは未知の領域です(笑)どうしてライカはこんなレンズを作って売ろうと思ったんだろうって不思議に思ってしまいます。funicolareさんとセイケさんの選ぶ被写体の違いも面白いなーと思って見ています。

Commented by funicolare at 2018-01-13 21:26
DP-Mさん。

ぼくのタンバールは3Gまで遡り、ズマレックスやズマールなどと
取っ替え引っ替え楽しんでいました。
今では懐かしい思い出です。

タンバールは思いもかけない描写をするレンズなので、
古いですがこんなにデジタル時代にマッチしたレンズもないもんだと
独りごちています。

あまりにも寒いので、風邪だけはひかないように気をつけています。
Commented by funicolare at 2018-01-14 10:05
DP-Mさん。

上記の絞りですが、専用のフィルターをはずす推奨値はf6.3からでした。
いい加減なボクです。とほほ
by funicolare | 2018-01-12 09:16 | Leica M9 | Trackback | Comments(7)