leica pazza obiettivo feticismo 

至近距離

f0274512_16383884.jpg


東谷 有峰 富山
可愛いぬいぐるみではありません。
立山山麓まで釣りに出掛けたら、熊と遭遇。
子熊までの距離、3〜4メートル。


iPhone7+





トラックバックURL : http://funicolare.exblog.jp/tb/28030103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by DP-M at 2017-08-06 18:15
こんにちは。暑い日が続きますね、、。

僕も以前有峰で小熊を2頭見たことがあります。多分近くにお母さんもいるのでしょうね。

車の中にいる時だけ遭遇したいです(笑)

Commented by 108_lapis at 2017-08-06 18:38
可愛い~!
と子熊に気を取られているうちに
背後から母熊の爪でバッサリ
のパターンですね

私も後志(北海道)での渓流釣りの時に
親の方に遭遇したことがあります。

あぁ、これは逃げられないな と
軽く覚悟した記憶があります(怖笑
Commented by sarutv at 2017-08-06 18:44
このブレ感覚が、恐怖感を演出している。
取りあえず、無事で何よりでした。
気をつけて下さいね。
Commented by funicolare at 2017-08-06 19:09
DP-Mさん、こんばんは。
暑いですねぇ。

有峰周辺は熊の巣のようです。
遭遇確率はかなりなものですが、熊を撃つ老人が高齢のため
いなくなり、熊の生息密度が高くなっているように思います。
もっと間引いた方が熊も幸せになれると思うのですが。

今東京にいますので、麻布のスタジオにおじゃましようと思ったのですが、
夏休みのようです。
再来週行ってみますね。

Commented by funicolare at 2017-08-06 19:17
108_lapisさん、こんばんは。

北海道はヒグマですよね!?
本州のツキノワグマとは、別格に獰猛です。
怖っ!

行きは子熊だけだったのですが、帰りには親熊と
遭遇しました。
Commented by funicolare at 2017-08-06 19:21
sarutvさん、こんばんは。

子熊でしたので、襲ってきたら背負い投げで仕留めようと思いました.。
嘘です!
チビりそうになりました!
Commented by 117nature at 2017-08-07 08:41
おはようございます

熊に遭遇して写真を撮る余裕凄いです!!
私だったら逃げるどころか気絶しそう、、、
Commented by funicolare at 2017-08-07 09:57
117natureさん、おはようございます。

子熊だったからです。
ここぞとばかり20数ショット撮りました。
あわてていたんでしょうね、後ろの葉っぱにフォーカスしてました。

もし117natureさんと一緒にいてでくわしても
ほくは必死であなたを守りますよ。
それが男ってもんです、ハイ!
Commented at 2017-08-07 16:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by funicolare at 2017-08-07 19:14
117natureさん

気絶してくださいませ。
おぶって帰りますから。
ご安心くださいませ〜!
Commented by DP-M at 2017-08-10 12:05
こんにちは!

恐縮です、、。少し不便な場所に有りますがぜひご覧下さいませ。

ちなみにニューフェイスでルーキーの僕の作品は、下のほーーうに飾ってありますので、スクワット運動のつもりでご覧下さいませ(笑)

会場には恐らく永嶋勝美さんという写真家さん(昨年の写真のイベントで講義をされた方です)がいらっしゃると思いますので、ぜひお声掛け下さいませ。ライカのお話し、車のお話しなんかで盛り上がることと思います。(在廊ご確認になられてから伺われた方が良いかも知れません)

よろしくお願い致します。
Commented by funicolare at 2017-08-10 13:02
DP-Mさん、こんにちは。

ご丁寧な連絡をありがとうございます。
拝見できるのを楽しみにしています。
by funicolare | 2017-08-06 16:43 | others | Trackback | Comments(12)