leica pazza obiettivo feticismo 

night party

f0274512_16115202.jpg


milano
ソール ライター展を見てからというもの
人の写っていない写真を撮るのが急激にいやになった。
と同時に、くっきりはっきりもイヤになった。
彼と同じ写真が撮れるわけもないのに。


Leica MM 73mm f1.9 hektor


トラックバックURL : http://funicolare.exblog.jp/tb/27904618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hasseleica at 2017-06-18 17:16
やはりそうですか...(^^)

私は更に映画も見ましたので、その感がより一層強いかもしれません。
Commented by funicolare at 2017-06-18 21:01
YOUさん、こんばんは。

YOUさんもそうでしたか⁉︎
あの展示会を見て以来、被写体を探す基準が変わりました。
人を入れるのと入れないのとでは、写真としての存在感が
まるで違ってきますね。

ただネット社会において、人を撮ることの難しさにも
同時に気づかされました。
Commented by backpacker88 at 2017-06-19 00:09
僕も先日ソール・ライター展見てきました!
写欲減退中だったので、彼の素晴らしい作品を見て、
一気にモチベーション上がりました(笑)
Commented by funicolare at 2017-06-19 00:49
backpacker88さん、おはようございます。

ぼくもとても刺激をうけました。
写真そのものの素晴らしさは言うまでもありませんが、
コマーシャリズムに迎合しない姿勢にも感銘を受けました。
暖かな写真に、彼の人間性も映し出されていたと思います。

テンション上がりっぱなしですが、いい写真が撮れるかどうかは
また別の問題のようです。
by funicolare | 2017-06-18 16:18 | Leica Monochrom | Trackback | Comments(4)